■藤倉さんはJR北海道の車内誌や、HouseKeeperの他、数々の刊行書籍の表紙絵を担当されています。その一部をご紹介します。

■広報ほくれん
北海道の農業といえば「ホクレン農業協同組合連合会」
広報誌の表紙と文を藤倉さんが担当されています。(月刊)

■2001年5月号通巻221号「たんぽぽ咲く丘」
どこかでヒバリのさえずり声がする。
いっせいに咲き揃ったたんぽぽが
わずかな風に揺れて、点々と、点々と。
■フロンティア180
北海道町村会企画調査部が発行する地方自治体の政策情報誌(季刊)

■2001年春季号通巻37号「桜の頃」
■農家の友
社団法人北海道農業改良普及協会が発行する農業技術情報誌(月刊)

■2001年5月号通巻621号「山麓の春」
農業用水ダムには満々と雪解け水が貯められた。湖面を春風が渡って、さざ波を立てる。
芽吹いたばかりのやわらかい緑に混じって山桜が咲いている。
遠くから土を起こすトラクターのエンジン音が聞こえる。
■読売ライフ
読売新聞社が発行する全国の地域情報誌。地域ごとに情報の内容は異なるが。表紙は藤倉さんをはじめ3名の画家が順に担当されている。つまり月刊誌なので、3ヶ月ごとに藤倉さんに表紙絵担当が回ってくることになる。

■2001年4月号通巻201号「春風」
ポプラの枝に若葉が出そろい、地上にはタンポポの花。春風が若い季節をくすぐるように吹いて、どこからか起こしたばかりの土のにおいを運んでくる。
北の大地は長い眠りから覚めて、花の季節の準備を始める。