ライン

Northland Wind ~北海道の風~

藤倉英幸さんのサポーターズ・ホームページ(オフィシャル)
2017年9月号NO.355<天売の漁港>

羽幌港を出たフェリーは焼尻に寄ってから天売島に着いた。
フェリーが入った港は隣に漁港が続いていた。
次の日の朝、旅館の裏の高台に登ってみると沖には焼尻の島影が横たわっていた。(羽幌町)

■2014.8.10版画作品を6点発表!
←「版画・購入ガイド」より閲覧ください。

  

■2017年9月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2017年8月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2017年7月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2017年6月4日
・藤倉さんより作品展情報をいただきました。
 釧路市立美術館「静かな風を聴きながら」7/15~8/27
 詳細は←「作品展」のページへ。
・JRHokkaidoを更新しました。
■2017年5月2日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2017年4月3日
・JRHokkaidoを更新しました。
・藤倉さんより作品展情報をいただきました。
 札幌芸術の森美術館開催の「旅は目的地につくまでがおもしろい」4/8~5/28
 カフェ北都館ギャラリー(琴似)開催の「小さな旅。風の中。」4/19~5/1
 詳細は←「作品展」のページへ。
■2017年3月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2017年2月17日
・網走市立美術館の館長さんから所蔵版画展のお知らせをいただきました。
 2/18(土)~4/2(日)詳細は←「作品展」のページへ。
■2017年2月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2017年1月8日
・トラさんから静岡展の会場写真3点を頂戴しました。
作品展は1月12日(木)までですよー!
■2017年1月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
・2017年のカレンダーを更新しました。
・2017年の作品展スケジュールを公開、ニセコ有島記念館さんとの重大ニュースも、、、!!
■2016年12月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2016年11月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2016年10月1日
・小樽美術館作品展「静かな風を聴きながら」を掲載しました。(10/29~12/25)
・JRHokkaidoを更新しました。
■2016年9月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2016年8月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2016年7月8日
・トラさんから札幌作品展の会場写真4点を頂戴しました。
作品展は7月11日(月)までですよー!
■2016年7月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2016年6月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2016年5月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2016年4月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2016年3月6日
・ほろよい通信を更新しました。なんと北海道新幹線の試乗記!
・作品展情報を更新しました。夏の札幌三越店の期日が決定!
■2016年3月1日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2016年2月2日
・JRHokkaidoを更新しました。
■2016年1月1日
・JRHokkaidoを更新しました。


===以下更新履歴より重要なお知らせ他===
■2013年10月1日
・JRHokkaidoを更新しました。

※今月号の特集は
 「季節のワンシーンを描く」〜藤倉英幸の創作世界を訪ねて〜と題して、藤倉さんの特集が6ページにわたって掲載されています。
表紙画を担当されて20周年、作品集「静かな風を聴きながら」の発刊記念として節目の年を特集されています。
作品展の案内、取材旅行、アトリエのの様子など、必見の308号!道内特急列車に乗る機会があれば是非、手にとって見てください。また定期購読もお勧めします。

詳細は←「JRHokkaido車内誌」へ!

■2013年7月3日
・JRHokkaidoを更新しました。
プレゼントへのご応募にたくさんのメールを頂戴いたしました。ありがとうございました。
厳正なる抽選を行い、明日、当選された方のみメールにてご連絡をさせていただきます。
メールの届かなかった方は、申し訳ありませんが、今回は落選となっておりますので、ご承知おきくださいませ。
なお、今回のご応募に限りらず、メールを頂戴した方は自動的にメール会員に登録されます。不要な場合は、メールにて不要連絡を頂けますようお願いいたします。
■2013年6月2日
・JRHokkaidoを更新しました。
<<プレゼント!>>
作品集「静かな風を聴きながら」の発表を記念して、作品集と共に作成された絵葉書2種類を1セットにして抽選で5名様にプレゼント!
 ・応募方法:HPの管理人「North」までメールを送ってください。文面は「プレゼントをよこせ」だけで結構です。
 ・締め切り:2013年6月30日までにメール着信分を抽選対象とさせていただきます。。
 ・抽選方法:応募多数の場合は、厳正な抽選を行います。
 ・結果発表:当選者にはメールでご連絡しますので、折り返し発送先をご連絡願います。(当選者の発表は行いません。
  また、落選の方にも連絡はいたしませんのであしからず、ご了承ください。
 ・当選者の方の発送先は個人情報として取扱い、発送目的以外には使用いたしません。


■2012年8月4日
・トラさんから作品展レポートを頂戴しました。
 札幌三越展まもなく終了〜8月6日(月)、風景画以外の作品も、、、、


■2011年5月5日
・JRHokkaidoを更新しました。
・【重要なお知らせ】HPのアドレスが7月より変更になります。
永年お世話になりました、COOL ONLINEさんがサーバーレンタル業務を終了されます。これにより、ホームページのアドレスが変更となります、
お手数ですが、以下のアドレスを「お気に入り」に追加いただけますよう、ご協力願います。引き続きご支援をよろしくお願いいたします。
・新しいアドレス http://northlandwind.art.coocan.jp/

■2010年12月4日
・JRHokkaidoを更新しました。
・ほろ酔い通信を更新「網走」と「モンゴル」の紀行です。
<<プレゼント当選者の方がきまりました!>>
たくさんのご応募をいただきましたので、愛犬のナナにサイコロを振ってもらいました。
当選された方のみ順次、発送先を伺うために、住所をお尋ねするメールをお送りします。
しばしお待ちくださいませ。メールが届かなかった方は落選です。(すみません)あしからずご了承くださいませ。
※サイコロキャラメルを振るナナです。お疲れ様でした。
■2010年11月6日
・JRHokkaidoを更新しました。
<<プレゼント!>>
・HP開設10周年を記念して、藤倉さんから、北海道文学館さん作成の「藤倉英幸一筆箋」、帯広のNorthlandホテルさんの絵葉書セット(こちらも藤倉さんの作品の絵葉書!もう入手不可)を頂戴しました。
抽選で5名さまに1セットづつお送りします。
 ・応募方法:HPの管理人「North」までメールを送ってください。文面は「プレゼントをよこせ」だけで結構です。
 ・締め切り:2010年11月20日までにメール着信分。
 ・抽選方法:応募多数の場合は、愛犬ナナにサイコロを振ってもらいます。
 ・結果発表:当選者にはメールでご連絡しますので、折り返し発送先をご連絡願います。当選者の発表は行いません。
■作品のライブラリーは「JRHokkaodo車内誌」をご覧ください。
150点を超える作品と季節の詩に出会えます。


■ほろ酔い通信にもライブラリーと作品紀行を掲載しています。

■購入可能な版画情報を集めた「版画・購入ガイド」には、作品60点のサイズ、購入価格、在庫状況、購入可能店を掲載しています。
*このHPに掲載の画像は著作権上の権利物です。保存、印刷、転載を禁じます。 リンクは大歓迎!メールにてご連絡くださいませ。
■メール会員募集中
展覧会、作品展、HP更新情報をお知らせします。eメールアドレスを下記までお知らせください。
northlandwind@nifty.com
 
※受信されるメールソフトによっては上記メールアドレスからでは受信不可能の設定になっている場合があるようです。メールニュースの購読の申込をされてもこちらからのご連絡がかえってきてしまうことがあります。このような状況に該当される場合はメールアドレスの設定を変更の上、再度お申込くださいませ。
 
■ご協力願います
JRHokkaido車内誌のページを大幅に更新しました。札幌の在住のFANのお一人「オチョウさん」のご協力により、バックナンバーから表紙画のライブラリー化を進めています。現在掲示させていただいているもの以外のバックナンバーをお持ちの方がいらっしゃいましたら是非ライブラリー完成にご協力ください。
東京の「とらさん」にも不足分のご協力をいただきました。さらにライブラリーの充実度がUPしました。あと51号、52号、53号、55号、56号が揃えば完成です。お持ちの方がいらっしゃったら是非、お貸し出し願います。いずれもご協力いただいた方のハンドルネームをコーナーに記載させていただきます。メールにてお知らせいただければ幸いです。
北海道には大いなる自然があります。道外からの観光客の皆さんは、観光地でその自然に出会い、北海道の魅力にとりつかれる方が多いようです。私もかつてはそうでした。
しかし北海道に住んでみると以外にもその魅力に出会うチャンスがすくなくなってしまいます。
いえ、それは少なくなっているのではなく見逃してしまっているというほうが正しいのかもしれません。
ひょっとすると身近な北海道の風景がいつのまにか「あたりまえに存在するもの」になっているのではないでしょうか?
電車の窓の外を流れる田園風景の美しさ、車の運転中に一瞬だけ家々の間に見えた丘の美しさ、厳しくも美しい白い大地、風にそよぐポプラや白樺、、、
藤倉さんの画は我々に、どこにでもある北海道の風景の美しさを思い出させてくれます。画の中に清涼な風が吹く、、、夏の麦畑をそよぐ暖かい風、冬に吹きすさぶ厳しい風、、、

                   
~NorthlandWind~ Since2000.10
ライン